« Bike Photo Collection13~休日の時とBike~ | トップページ | 親子で宮ヶ瀬 »

2009-03-22

バイコレ番外~ボツ&解答編~

まずはボツ写真・・・

Dsc_8464_edited1

自分がでかすぎて、時計が目立たない・・・

Dsc_8473_2

センタースタンドが入っちゃった。

では、解答編・・・

まずは、映画のあらすじ

主人公の2人の若者は、スタント・ショーのバイク乗りとして生活しています。
しかし、そんな毎日に嫌気がさして、コカインの密売で大金を手に入れます。
その金をバイクのタンクに隠し、自由を求めて旅に出ます。
行く先は、謝肉祭で盛り上がるニューオーリンズ。
目的地だけを決めた気ままな旅・・・

しかし、長髭にヒッピースタイルの2人は、周りの人々に白い目で見られ、拒絶されます。
そして、「無許可でデモに加わった」と言掛かりをつけられ、留置場に入れられてしまいます。
そこで、酔っ払いの不良弁護士と出会い、留置場から出た2人は、その弁護士と旅をします。
弁護士が2人に言います。
「自由を説くことと自由であることとは違う。誰もが自由を語るが、自由な人間を見るのが怖いんだ」
旅を続ける3人ですが、その行動や姿形をよく思わない保守的な人々によって、悲劇的な結末を迎えます。

その映画の題名は・・・

イージーライダー
主人公は、ピーター・フォンダ演じるキャプテンアメリカこと「ワイアット」とデニス・ホッパー演じるビリー
2人に自由を説く不良弁護士ハンセンは、ジャック・ニコルソンです。

自由を求め、職を捨て、街を捨て・・・

え?時計が出てこない?なんで、「休日の時」とつながるんだって?

主題歌「Bown to be Wild」をバックに荒野の一本道を2人が走り出します。

その走り出す直前・・・

ワイアット役のピーター・フォンダがおもむろに時計を捨てるんです。
「何も縛るものはない」と言わんばかりに・・・

私は、仕事も家族も捨てるわけには行きませんが・・・

せめて、休日ぐらい、時間に縛られないように、ピーター・フォンダみたいに時計を捨て・・・たつもりでポケットにしまって、ツーリングに行きたい。

という写真でした。

実際、ツーリングに出るときは、時計を持ちません。
ただ・・・CBのメーターには時計がついてるんですよね(笑
もっとも、全く時間に縛られないなんて無理なんでしょうけど・・・

気持ちはいつも・・・
「Bown to be Wild~ワイルドで行こう!!」
です。

|

« Bike Photo Collection13~休日の時とBike~ | トップページ | 親子で宮ヶ瀬 »

コメント

イージーライダーってそう言うストーリーだったんですね
名作と名高い映画で過去にテレビで何度か放送したようですが残念ながら観る機会が無かったんです
観たい観たいと思いつつ結局観ないまま来てしまいました

ストーリーを読んで改めて写真を拝見すると
なんか、雰囲気出てますね~
でも、答えを聞いた後では反則ですね(笑)
失礼しました

投稿: 湘南ライダー | 2009-03-23 22:57

こんばんは。(~▽~;)ナント!?
奥深いで~☆でも写真見てたら納得するわ。
イージーライダーであったよ~そんな場面^^
縛られないスタイルの表現で腕時計を捨てる・・・
この記事で、納得しました。
この映画の奥深い表現について行けなかった
若かりし日のちゅがんですじゃ。^^

投稿: ちゅがん | 2009-03-23 23:21

■湘南ライダーさん
答え見た後だって何だって、雰囲気が伝われば嬉しいですよ。
全然、違うといわれたらどうしようと思ってましたから…

投稿: タクマホのパパ。 | 2009-03-24 22:37

■ちゅがんさん
実は、この映画、もっといろいろ裏話があって、深い映画らしんですが…
とにかく「休日ぐらい、時間を気にしないで…」っていうのを表現したくて…

投稿: タクマホのパパ。 | 2009-03-24 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151226/28753020

この記事へのトラックバック一覧です: バイコレ番外~ボツ&解答編~:

« Bike Photo Collection13~休日の時とBike~ | トップページ | 親子で宮ヶ瀬 »