« 風と陽光(ひかり)のエリアで・・・(1) ~プロローグ~ | トップページ | 風と陽光(ひかり)のエリアで・・・ ~関が原・近江八幡・そしてお別れ~ »

2009-05-25

風と陽光(ひかり)のエリアで・・・(2) ~越前海岸・東尋坊~

zarusobamanさん達と合流・・・
越前海岸から東尋坊を目指します。
ここからは、写真も多めに・・・

午前10:50 北陸道・・・
その名のイメージとは裏腹に、季節を勘違いした太陽が強い日差しを投げかける。
しかし、ハイウェイの両側の田園を渡る風と、CBの快適なレスポンスが与えてくれる風が暑さを追いやってくれていた。

ナビは、神田PAまであと約5kmの道のりを示している。

バックミラーで慎重に不審(?)な四つ輪がいないことを確かめ、焦る気持ちに後押しされて、さらにアクセルを開ける。

神田PAが見えてきた。
少しずつアクセルを戻し、ブレーキをゆっくり握りながら、PAに入り、二輪のパーキングスペースを探す。

パーキングエリアには、見慣れたSBが三台並んでいる。
いや、いままで、何台ものSBを見ているが、一台として全く同じものがないのだから、見慣れたとは言えないのだが・・・

s_boldorさん、zarusobamanさん、ちゅがんさん
三人とも、一時間お待たせしたにもかかわらず、温かく迎えてくれた。
私を気遣い、少し休憩をさせて頂いて、zarusobamanさんの先導で敦賀を目指す。

高速コーナーをストレートで繋いだような北陸道を先ほどまでとは違う気持ちいい速度・・・
そう、先ほどまでは日向ぼっこをしているような・・・
そして今は・・・スポーツをしているような爽快な気持ちよい速度でzarusobamanさんに続く・・・

敦賀湾・フェリーターミナル・・・

R0013238 R0013242_edited1

ひとっこ一人いない閑散とした昼間の様子とは一転、夜にはフェリーに乗る人で賑わうそうだ。
そして、夏ともなれば、ここから何人のもライダーがそれぞれの相棒に荷物と期待を載せ、北の大地に旅立っていく・・・

太陽も高く登り、相棒の影も短くアスファルトに落ちるだけとなった頃・・・
昼食をどうするか、と言う話になった。
zarusobamanさんは、遠方より来た私達に気を使い、海のものでもと考えてくれたそうだが、生憎、お店は定休日・・・
そこで、波間に光る太陽の光と潮風をスパイスに防波堤に座り、コンビニで仕入れた握り飯を頬張ることにした。

Dsc_8641_edited2

昼食時の一枚・・・

余談だが・・・
この場所の地名が、私の苗字と同じだ。
帰宅後、調べると・・・
関が原の戦いで敗れた豊臣側についていたうちの御先祖が、徳川軍の追っ手を逃れ、この土地に流れ着き、舟を使い、海運を担っていたそうだ。
思わぬところで、自分のルーツに出会ってしまった。

昼食をとり、日本海を見ながら、東尋坊を目指す。

途中、「越前水仙の里公園」で休憩と撮影タイムを取る。

Dsc_8644_edited1 Dsc_8647_edited2

s_boldorさんと一緒に写真を撮るのは初めてだ。
その姿勢の良さに惚れ惚れする。

Dsc_8650_edited1 Dsc_8651_edited1

越前海岸沿いをさらに北上する。
案内掲示板に「東尋坊」の文字・・・目的地が近い。

だいぶ陽が傾いてきた。だが、まだ、夕陽というのは早い太陽が、日本海の荒々しい波間にその姿を映している。

Dsc_8674_edited1

Dsc_8661_edited1      Dsc_8663

Dsc_8677      Dsc_8682_edited1

散策道沿いの店がシャッターを降ろし始めた頃、東尋坊をあとに手配した宿を目指す。

丸岡ICから、一度の休憩をはさみ、100km弱の距離を激走・・・
夜がその存在を誇示し始めた頃、木の本ICで降りる。

そこから、どこをどう走ったのだろう・・・?
漆黒の闇の中をzarusobamanさんのCBのテールが右に左に揺れる。
その赤い光だけを頼りに、闇を切り裂く・・・

一時間後、宿に荷物を置き、近くの温泉で一日の疲れを癒す。

温泉から戻ると、宿に夕方、それぞれ仕事と学校を終えたくまさんとねこさんが到着していた。
そして、もう一人、北極県から四つ輪でわざわざ来てくれた・・・
そう、CB軍団の紅一点、うささんがサプライズで参加してくれた。
うささんの愛車は、ドラックスターだが、間違いなく「CB軍団の」紅一点だ。

オートバイの話、写真の話で盛り上がる。
そこには、少年のように目をキラキラさせた素敵な大人たちがいた。
この中に身を置いていることに、胸が熱くなるのを感じながら、時間が静かに流れていった。

続く・・・

|

« 風と陽光(ひかり)のエリアで・・・(1) ~プロローグ~ | トップページ | 風と陽光(ひかり)のエリアで・・・ ~関が原・近江八幡・そしてお別れ~ »

コメント

こんにちわ。

いやーさすが、パパ。さんにかかれば、ただのツー記事には
思えない仕上がりになりますね。
(私も早く仕上げなくっちゃな…)

もう、一週間になりますがホントに楽しかったですね。
また、皆さんと撮影&ツー&宴会したいなぁ~


続き、楽しみです♪

投稿: zarusobaman | 2009-05-26 15:13

おお〜かなりの絶景ポイントですねぇ。
東尋坊は行ったことありません。
BGMは…火サスのテーマで決まり!ですね(笑)

投稿: GAZZY@携帯 | 2009-05-27 08:14

こんにちは。お疲れ様でした。
ストーリー仕立て呼んでて面白いです!
生の東尋坊見たかったです。自殺スポットとか・・・?

今回の反省点は撮影ツーなのにアレを持っていかなかったことです・・・。

投稿: | 2009-05-27 08:29

パパ。さん こんにちは!

先日のツーリングお疲れ様でした。
それにしても、楽しい一時でしたね。羨ましい!!

(1)も拝見しましたが、何時もながら、記事が素敵ですね(笑)楽しく拝見しました。

投稿: オヤジの道楽 | 2009-05-28 08:51

■zarusobamanさん
いや、気取って始めたら、引っ込みが付かなくなっちゃった(笑
また、やりましょうね。
ホント、愉しかったな~~(遠い目

投稿: タクマホのパパ。 | 2009-06-03 23:43

■GAZZYさん
東尋坊は二度目なんですが、今回はたっぷり撮影できました。
下を覗き込むと…かなり怖いです。
引きずり込まれそうで…

投稿: タクマホのパパ。 | 2009-06-03 23:46

■ねこさん???
内容からすると、ねこさんですよね。
ニューカメラ見たかったのに~
東尋坊、愉しかったですよ。
気を抜くと引きずり込まれそうだったけど…

投稿: タクマホのパパ。 | 2009-06-03 23:48

■オヤジの道楽さん
次回は、是非、ご一緒くださいね。
記事は、少し気取って書いてみました。
エネルギーが要るので、なかなかかけませんが…

投稿: タクマホのパパ。 | 2009-06-03 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151226/29779208

この記事へのトラックバック一覧です: 風と陽光(ひかり)のエリアで・・・(2) ~越前海岸・東尋坊~:

« 風と陽光(ひかり)のエリアで・・・(1) ~プロローグ~ | トップページ | 風と陽光(ひかり)のエリアで・・・ ~関が原・近江八幡・そしてお別れ~ »